切手の種類

【月に雁】プレミア切手の買取価格は?鑑定価値&売買相場《まとめ》

切手

コレクション切手の中でも有名なものが月に雁でしょう。趣味で切手を集めている人だけではなく、集めていない人でも知っているくらいに有名です。

この月に雁という切手は、いったいどんなものなのでしょうか。月に雁というのは図柄に採用されている浮世絵からきています。

高値がつくことで有名な切手ですが、実際にはどの程度の買取価格なのかを調べてみました。他にも高く買取してもらう方法や、基礎的な知識も解説してみます。

【月に雁(つきにかり)】プレミア切手の買取価格・鑑定価値・売買相場

(画像出典:日本郵便趣味協会) 時代 1949年
価値 C
相場 2,000円から7,000円
5枚シート1万5,000円から4万円
素材
画像出典 日本郵便趣味協会

では月に雁の買取価格を見ていきましょう。発行されたのは昭和24年で額面は8円となっています。切手趣味週間シリーズの第3段で登場したもので、発行枚数が200万枚です。

200万枚と聞くと多いと思われるかもしれませんが、同シリーズの他の切手は500万枚程度発行されています。特に近年では1000万枚も発行されているので、実は発行枚数が少なく希少価値があるのです。

  • バラの切手で2000円~7000円程度
  • 5枚綴りのシートだと1万円~5万円程度

発行枚数の少なさに加えて、美しいデザインが理由で人気が高くなっているのです。月に雁の作者である歌川広重のコレクターが集めることも多く、国内だけではなく海外からも人気がある切手だと言えます。

月に雁を買取相場より高く売る売却の2つのコツ

勉強

では月に雁を買取相場よりも高く売るためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。この方法は月に雁だけではなく、他の希少価値が高い切手でも同じことなので覚えておいて損はありません。

切手の汚れを取り保管状態に気をつける

月に雁をより高く売るには、2つのポイントに気をつけてください。

  • 切手の汚れを取る
  • 保管状態気をつける

この2つがポイントになります。では具体的に解説をしていきましょう。古い切手が見つかる場合は、きちんと保管されていないケースが大半です。その場合切手の表面に汚れがついています。

この汚れを乾いた布で軽く拭き取るくらいで構いません。しっかりと汚れを落としたいからと、水に濡らして拭くのはNGです。水分がついてしまうと劣化しやすくなります。汚れをきれいにした後は、しっかりと保管してください。

切手には保管のための専用グッズが販売されています。切手保管シートなどが代表的ですので、これらのグッズを購入してしっかりと保管してください。

切手買取専門店「福ちゃん」で鑑定を依頼する

月に雁とは~切手趣味週間の一つ~

切手

次に月に雁とはどんな切手なのかについても見ておきます。先述したように月に雁は切手趣味週間のシリーズで発行されました。第3回目に発行されたもので、デザインに採用されているのが、浮世絵の月に雁となります。

切手趣味週間とは、コレクションのための切手を発行するものです。日本の郵政記念日である4月20日を含む1週間が、この切手趣味週間に該当します。

ポイント

ちなみに現在でも発行されているもので、第2回発行の見返り美人も有名でしょう。この2つは切手趣味週間で発行された記念切手の中でも、高い価値を持っています。

特に月に雁は発行枚数が少ないこともあり、より希少価値が高いです。また作者の歌川広重は海外でも高い人気があり、売りに出す場所次第では相場より高値がつくかもしれません。

月に雁の読み方とは~どのような意味が込められているのか~

これから切手のコレクションをしたいという人でも、いつか入手したいのが月に雁でしょう。ただ漢字での表記だと、どういう読み方をするのか分からない人もいるはずです。結論からお伝えすると、月にかりと読みます。

雁という漢字なのですが、実は鳥の名前になっていてその場合は、がんと読むのです。歌川広重が描いた浮世絵に描かれているのも、この雁になります。ただこの場合はがんではなく、かりと読むので注意してください。

もともと月に雁というのは、秋の風物詩として有名なものです。古来から日本国内では様々な芸術のテーマとして取り上げられてきました。その中で最も有名なのが、歌川広重のものだと言っても過言ではありません。

月に雁切手の復刻版~郵便切手の歩みシリーズについて~

切手

実は月に雁切手には復刻版も存在します。オリジナルのものは昭和24年に発行されていますが、復刻版は1996年に発行されました。これは郵便切手の歩み、というシリーズの第6集として発行されたものになります。

  • オリジナルは単色印刷だが、復刻版は単色印刷と浮世絵を再現したカラー切手の2種類が発行されている
  • 復刻版の買取価格は額面である80円が相場

基本的に復刻版の方に希少価値はついていません。またオリジナルが額面8銭で、復刻版は80円といった違いがあります。

ただ月に雁は人気の切手ですし、一枚は手元に欲しいとしてもプレミア価格なので手が出しにくい人も多いでしょう。そうした人でも復刻版ならば、比較的に入手しやすいのが特徴です。

まとめ

切手

月に雁についての情報をまとめてみました。元祖となる月に雁は切手趣味週間シリーズの第3段で発行されたものです。デザインには歌川広重の月に雁が採用されていることからの名称になります。

他の同シリーズ切手よりも発行枚数が少ないことから、希少価値が高く現在でも買取価格は高めになっています。

  • バラの切手で2000円~7000円前後
  • 5枚綴りのシートだと1万円~5万円前後

特にシートの方が高くなっているので、もし家から出てくればちょっとしたお宝発見になるでしょう。