切手の種類

【激レア】プレミア切手の買取価格は?鑑定価値&売買相場《全12種》

(画像出典:ヤフオク)

切手には額面以上の価値があるプレミア切手も多数存在します。その中でも発行枚数が少なかったり、市場に出回りにくい希少価値の高い激レアのプレミア切手もあり、その中に1枚で数十万円もの価値があるものもあります。

昔は銭が通貨単位でしたので、その当時発行された切手ならほとんどがプレミア切手となります。

ここではその中でも特に希少価値が高くなっているプレミア切手の特徴や実際の鑑定価値&売買相場をまとめていますので参考にしてみてください。

【全12種類】プレミア切手の買取価格・鑑定相場《価値一覧表》

額面以上の価値があるプレミア切手はたくさんありますが、その中でも特に希少価値が高くなっている切手もあります。ここでは特に価値が高くなっているプレミア切手である12種類の特徴と鑑定相場についてまとめています。

①【見返り美人】鑑定価値と買取価格相場

見返り美人 時代 1948年
価値 C
相場 900円から5,000円 5枚シート8,000円から3万円
素材
画像出典 日本郵便趣味協会

見返り美人は1947年から毎年のように発行されている切手趣味週間シリーズの第2回目に発行された記念切手です。ただ見返り美人は1991年、1996年に復刻版としても発行されており、あくまでプレミア切手となっているのは1947年に発行された単色刷りのものになります。

発売当時から人気でハガキに貼って送ると途中で剥がされてしまったこともあるほどです。

②【月に雁】鑑定価値と買取価格相場

(画像出典:日本郵便趣味協会) 時代 1949年
価値 C
相場 1,000円から7,000円 5枚シート1万5,000円から4万円
素材
画像出典 日本郵便趣味協会

月に雁は1947年から発行されている切手趣味週間シリーズの第3回目として発行された記念切手です。切手趣味週間シリーズの中でも最もレアな切手で、見返り美人を超える買取価格が期待できます。

また月に雁は1996年にも復刻版として発行されましたが、プレミア切手となっているのは1949年発行の切手になります。

③【えび蔵】鑑定価値と買取価格相場

市川蝦蔵 時代 1956年
価値 D
相場 100円から700円 シート1,800円から7,000円
素材
画像出典 日本郵便趣味協会

えび蔵は1947年から発行されている切手趣味週間シリーズの第6回目として1956年に発行された記念切手です。切手趣味週間シリーズはえび蔵を含めてこれまで発行された6種類は希少価値が高いプレミア切手でしたが、これ以降は郵政省が何枚でも増刷するとしたため、価値がかなり低くなっています。

④【ビードロを吹く娘】鑑定価値と買取価格相場

ビードロを吹く娘 時代 1955年
価値 D
相場 100円から800円 シート2,000円から7,000円
素材
画像出典 日本郵便趣味協会

ビードロを吹く娘は1947年から発行されている切手趣味週間シリーズの第5回目として1955年に発行された記念切手です。ビードロを吹く娘からカラー印刷を導入したことで、浮世絵そのものの魅力を表現できるようになっています。

当時としては多い発行枚数でしたが日本だけじゃなく海外でも注目されるプレミア切手となっています。

⑤【オオパンダ】鑑定価値と買取価格相場

noimage 時代 1次:1963年8月5日 2次:1973年1月15日
価値 D
相場 1次:200円から2,400円 2次:100円から2,200円
素材
画像出典 なし

オオパンダは文化大革命時代に発行された中国切手です。発行枚数は多いですが中国切手のため入手しづらい傾向にあり、希少価値が高くなっています。1次が3種類、2次が6種類ありますが、それぞれ揃っていると価値が高くなります。

⑥【毛主席の立派な兵士・劉英俊】鑑定価値と買取価格相場

noimage 時代 1967年3月25日
価値 D
相場 各300円から2,000円
素材
画像出典 なし

毛主席の立派な兵士・劉英俊は文化大革命時代に発行された中国切手です。モデルとなった劉英俊とは毛沢東に忠実に仕えていたとされる戦士です。当時、中国では政府により切手の収集が禁止されていたこともあり、残存数が少なく買取価格が高くなっています。

6種類全て揃っているとさらに価値が高くなります。

⑦【毛主席の長寿を祝う語録】鑑定価値と買取価格相場

noimage 時代 1967年
価値 D
相場 赤フチ:1,200円から4,000円
金フチ:2,000円から6,500円
素材
画像出典 なし

毛主席の長寿を祝う語録は文化大革命時代に発行された中国切手です。文字通り毛沢東主席の長寿を祝う切手となっており、全部で11種類発行されています。当時の中国では切手の収集が禁止されていたこともあり、残存数は少なくなっています。

そして11種類全て揃っていると20万円以上で取引されることもあります。

⑧【毛主席の長寿をたたえる】鑑定価値と買取価格相場

noimage 時代 1次:1967年5月 2次1967年9月
価値 D
相場 8分毛主席と林彪:4,000円から1万4,000円
10分:5,000円から1万8,000円
その他:1,000円から6,000円
素材
画像出典 なし

毛主席の長寿をたたえるは文化大革命時代に発行された中国切手です。1967年に1次と2次で合計8種類発行されていますが、当時の中国では切手の収集が禁止されていたこともあり、希少価値が高くなっています。

⑨【毛主席像(中国共産党46年)】鑑定価値と買取価格相場

noimage 時代 1967年
価値 D
相場 4分:1,800円から6,000円
8分:2,000円から7,500円
35分:300円から1,000円
43分:350円から1,200円
52分:400円から1,300円
素材
画像出典 なし

毛主席像は文化大革命時代に発行された中国切手で、5種類が1セットとなっています。当時の中国では切手の収集が禁止されていたこともあり、希少価値が高くなっており、5種類セットはもちろんバラでも高価買取が期待できます。

バラの場合には8分の切手が最も価値が高くなっています。

⑩【毛主席は赤い太陽】鑑定価値と買取価格相場

noimage 時代 1967年
価値 D
相場 800円から2,500円
8分(毛沢東と人民):1,500円から5,000円
素材
画像出典 なし

毛主席は赤い太陽は文化大革命時代に発行された中国切手で2種類あります。当時は切手収集が禁止されていたため、あくまで実用品となっていたため残存数は少なく、それもあり今は希少価値が高くなっています。

どちらも高価買取が可能ですが、特に毛沢東と人民がデザインされたものは倍近い価値があります。

⑪【毛主席詩詞】鑑定価値と買取価格相場

noimage 時代 1967年
価値 D
相場 2次8分(清平楽・会昌):7,000円から2万4,000円
2次8分(人民解放軍):5,000円から1万8,000円
3次8分(浪淘沙・北戴河):4,000円から1万3,000円
3次8分(水調歌頭・遊泳):5,000円から1万7,000円
その他:800円から9,000円
素材
画像出典 なし

毛主席詩詞は文化大革命時代に発行された中国切手で、第1次から第3次まで3回、全14種類発行されています。14種類揃っていればより高く買取してもらえます。

⑫【赤猿】鑑定価値と買取価格相場

noimage 時代 1980年
価値 D
相場 4万円から13万円
素材
画像出典 なし

赤猿は1980年に中国で初めて発行された年賀切手で、正式名称は子ザルです。当時の中国では切手収集が禁止されていたため、赤猿切手の大半は旅行者が中国から持ち帰ったものと言われ、残存枚数が極めて少ないです。

プレミア切手の中でも特に希少価値が高く、状態がよければ1枚10万円以上でとりひきされることもあります。そのため赤猿は偽物も多く出回っています。

プレミア切手を査定相場より高く売るなら『福ちゃん』がおすすめ

プレミア切手とは~製造発行の背景や価値について~

プレミア切手というと額面の数十倍まで価値が上がっている切手というイメージがあるかと思います。ですが、ここで言うプレミア切手はあくまで額面よりも少しでも高い価値があるものを指しますので、厳密に言えば1円切手が2円の価値があればプレミア切手となります。

ただ明治時代から終戦直後までの切手の額面は銭ですから、1円以上の価値があればすべてプレミア切手ということになります。ですが、プレミア切手の中には特に残存枚数が少なく、滅多にお目にかかれない本当の意味でのプレミアムな切手もあります。

プレミア切手は基本的に時代が古くなればなるほど価値が高くなる傾向にありますが、それでも当時の発行枚数や切手の状態、またシートになっているかどうかによっても価値が大きく変わってきます。

まとめ

(画像出典:ヤフオク)
(画像出典:ヤフオク)

このように額面以上の価値がある切手の事をプレミア切手と呼びますが、その中でもここで紹介した12種類のプレミア切手は特に鑑定価値が高く高額買取が期待できます。特に赤猿などは1枚で数万円にもなる貴重な切手になります。

ただ赤猿もそうですが、価値が高くなればなるほど偽物もでてきますし、同じものでも買取店によっては買取価格が大きく異なります。ですので、ここで紹介したおおよその相場を参考にして、安く買い叩かれることのないようにしましょう。