切手の種類

【全4種類】竜銭切手の買取価格いくら?鑑定価値&売買相場《まとめ》

切手

日本で2番目に発行された切手が竜銭切手になります。この竜銭切手なのですが、どのくらいの買取価格になるのでしょうか。

明治時代の初期に発行されているもので、額面としては半銭から5銭までの4種類が発行されています。

当然ですが額面ごとに買取額が違っていますので、1つずつ確認していきます。今から150年程度前に発行された切手だけに、かなりのプレミアがついていると言っても良いでしょう。

切手買取で安く買い叩かれないために、必ず専門買取業者に依頼してください。当サイトで最も問い合わせが多い福ちゃんなら全国出張可能で専門の査定員が自宅で無料査定。もちろん、売るかどうか買取額次第なので「値段だけ知りたい!」方にもおすすめです。

▼【2022年121日】福ちゃんの最新情報▼
切手買取店業者福ちゃん

【テレビCM放送中!!】買取実績600万点突破の福ちゃんなら「買取強化中」のため高額買取に期待できます!

【切手・古切手】
買取・売却・鑑定で失敗しない方法
買取方法 鑑定の正確さ 高価買取 対応地域
リサイクルショップ × 店舗周辺
金券ショップ 店舗周辺
切手買取専門店 全国対応
切手買取専門店なら実績豊富な”福ちゃん”がおすすめ
  • CMでも有名な切手買取業者&買取実績600万点突破
  • プロの切手専門査定員が全国出張査定(※女性指名可)
  • 独自販売ルートがあるため高価買取が可能

(※1点からOK!電話相談も可能)

【全4種類】竜銭切手の買取価格・鑑定価値《販売相場一覧》

竜銭切手には4種類の額面があります。実は出回っていた期間が非常に短いことから、現存する枚数も少ないため買取価格は高めです。ではどの程度の買取価格になるのか、額面1つずつを調べていきましょう。

①【竜銭切手半銭】鑑定価値と買取価格相場

竜銭切手半銭 時代 1872年
価値 C
相場 買取額としては3000円~1万円程度
初日カバーは6000円~1万程度
額面・種類 半銭
画像出典 福ちゃん

竜銭切手で最も低い額面になるのが半銭のものです。茶色で印刷をされているもので中央には半銭と入っているので、判別は難しくありません。細かい模様の違いで第1版と第2版に分類できますが、これは専門家に任せた方がいいでしょう。

  • 買取額としては3000円~1万円程度
  • 初日カバーは6000円~1万程度

初日カバーでも美品であれば、かなり買取額が高くなっています。第1版だと1万円前後、第2版だと6000円程度が相場になるでしょう。

②【竜銭切手1銭】鑑定価値と買取価格相場

noimage 時代 1872年
価値 B
相場 買取価格は1万円~45万円程度
初日カバーは2万円~13万円程度
額面・種類 1銭
画像出典 なし

竜銭切手の1銭は第1版~第3版まで発行されました。模様の細かい違いや微妙な色調の違いで判別するもので、これも素人では区別がつかないでしょう。

  • 買取価格は1万円~45万円程度
  • 初日カバーは2万円~13万円程度

かなりの高額買取が期待できる切手です。ちなみに最大買取額になるのは第3版の未使用切手になります。45万円程度の額がつくので、必ず専門家の鑑定を受けるようにしてください。

③【竜銭切手2銭】鑑定価値と買取価格相場

noimage 時代 1872年
価値 C
相場 買取価格は1万5000円~3万円程度
初日カバーなら最大で3万程度
額面・種類 2銭
画像出典 なし

竜銭切手の額面2銭は朱色で印刷されているのが特徴です。切手の中央に旧字体で弐銭と表記されています。用紙が薄いため非常に脆い作りになっていて、状態が良いものはあまり残っていません。

  • 買取価格は1万5000円~3万円程度
  • 初日カバーなら最大で3万程度

状態次第ではあるのですが、未使用品でも使用済みでも同程度の買取額が期待できるでしょう。非常に脆いため、もし発見したのならきちんと保管してください。

④【竜銭切手5銭】鑑定価値と買取価格相場

noimage 時代 1872年
価値 C
相場 買取価格は2万円~5万円程度
初日カバーでも2万円~3万円程度
額面・種類 5銭
画像出典 なし

竜銭切手で最大額面となるのが5銭です。青緑色のインクで印刷されているのが特徴になります。中央には5銭の表記があるので、他の物と間違うことはないでしょう。

  • 買取価格は2万円~5万円程度
  • 初日カバーでも2万円~3万円程度

未使用品でも初日カバーでも発見できれば、1枚でこの買取額になります。複数枚が発見できたのなら、臨時収入としても嬉しい額になるでしょう。そのために専門家に買取を依頼しましょう。

竜銭切手を査定相場より高く売るなら『バイセル』がおすすめ

切手買取バイセル

2022年122日の切手買取の最新情報だと、最も高値で買取してくれるのは切手買取専門業者『バイセル』です。

切手の鑑定に専門的知識は欠かせません。鑑定力と買取相場を知る業者でなければ適正価格で売るのはムリです。

安く買い叩かれてしまう恐れもあります。

全国にある切手買取の専門業者の中でも、実績や買取価格、鑑定の正確さ、サービス対応にズバ抜けて優れた3社が以下になります。

バイセル 福ちゃん 買取プレミアム
鑑定実績
査定額の高さ
出張費・鑑定料 無料 無料 無料
買取方法 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込
対応知識 全国 全国 全国
公式サイト 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

中でも圧倒的な実績数を誇る「バイセル」がおすすめです。当サイトからの申し込み、問い合わせも多いです。

バイセルの実績

  • 月間20000人以上の実績
  • 安心して利用できる出張買取2年連続1位!!
  • 自宅完結の出張査定あり(出張費・鑑定料無料)
  • 独自の販売ルートがあり高価買取可能(即日現金払い可)
  • 鑑定後のキャンセルも当然ながら無料
  • どんな状態(汚れや古いもの)でも無料査定
  • 依頼者が女性の場合は女性査定員を指名可

挙げるとキリがないですが、正直なところ、切手買取業者の中でここまで徹底したサービスをしているのは福ちゃんだけです。

「値段だけ知りたい!」でも問題なく対応してもらえます。切手の価値が高騰している今だからこそ、鑑定してもらう価値があると思います。

お家に眠っている切手があるなら、鑑定時期が遅れて損しないためにも、バイセルで正確な査定をしてもらいましょう。

\ CMでもお馴染み♪ /

(※1点からOK!電話相談も可能)

竜銭切手とは~竜切手の額面が銭の切手~

勉強

竜銭切手とは前段でもお伝えしたように、日本で2番目に発売された切手です。発行されたのは1872年なのですが、その前年には明治政府が新貨条例を制定しています。

そのため翌年にはこの条例に合わせて、額面を変更した切手として竜銭切手は発売されたのです。日本初となる切手は竜文切手で、前年の1871年に発行されています。

ただしこの切手の額面は、江戸時代に使われていた文が使われているのです。ちなみに竜銭切手から、いわゆる目打ちが行われています。これは切手の縁にあるギザギザのことだと考えてください。

額面としては半銭から5銭までの4種類が発行されました。最初の方は裏面の糊もなかったのですが、後期発行分からは裏糊がつくようになっています。つまり現代的な切手になったと言っても良いでしょう。

竜銭切手の歴史について

切手

竜銭切手の歴史についても見ておきましょう。1871年に日本初となる竜文切手が発行されました。ですが額面が文であったことから、同年に制定された新貨条例とそぐわなくなります。

そのため翌年の1872年に額面を合わせた竜銭切手が発行されました。当初は前島密氏の発案によって、梅花をデザインとすることが候補になっていたそうです。

ですが偽造防止や、製造期間の短さから竜文切手のものを流用しています。当時は印刷技術が発達していないことから、切手の版は手彫りの物を用いていました。

そのためまったく同一の版を作るのが難しく、第1版~第3版までの型が生まれてしまったのです。ただ竜銭切手は発行から5ヶ月後に、新しい桜切手が流通したことで姿を消してしまいました。

竜切手の偽物の特徴と本物との見分け方

チェック

竜銭切手の買取額を見たように、切手の中ではかなり高額な部類に入ります。そのため希少性の高い切手にはお約束の、偽造品や模造品も出回っているのです。

こうした偽物を掴まされるリスクを減らすため、以下の点に注意してください。

  • 額面にある銭の文字の上に小さく参考と入っていることがある
  • 額面の表記部分だけが薄くなっている
  • 近くで見ると裏側が透けるほど薄い紙が使われている
  • 切手間の余白が大きい

以上のような点があれば、偽造品だと言えるでしょう。

ただ素人では見分けがつかないものですので、もし入手したいのなら切手専門店など、しっかりと鑑定をしている物を購入すればリスクを減らせます。

まとめ

切手

竜銭切手についてのまとめでした。竜銭切手は日本で2番目に発行された切手として有名です。初の切手となった竜文切手との違いとしては、額面部分が文から銭へと変更されていることでしょう。

出回っていた時期がわずか5ヶ月ほどしかなかったことから、現存する枚数が非常に少なくなっています。そのため買取額も高めになっていて、最も高いものだと45万円ほどの買取額になるのです。