切手の種類

額面以上!ビードロを吹く娘の買取価格は?鑑定価値&売買相場まとめ

切手

切手趣味週間は現在まで長く続いている人気シリーズです。そのシリーズの中には見返り美人や月に雁といった有名なものあり、この2つに次ぐ位置にくるのがビードロを吹く娘になります。

このビードロを吹く娘の買取価格は、いったいどの程度なのでしょうか。

実は月に雁を筆頭にして、切手趣味週間でプレミアの額はどんどんと下がっているのです。そこでビードロを吹く娘の実際の価格についても調べてみました。

【ビードロを吹く娘】プレミア切手の買取価格・鑑定価値・売買相場

ビードロを吹く娘 時代 1955年
価値 D
相場 100円~400円
素材
画像出典 日本郵便趣味協会

ではビードロを吹く娘は、どの程度のプレミア価格がついているのでしょうか。

  • 美品だと500円~900円程度
  • 状態が悪いと100円未満
  • シートだと2000円~8000円程度

ビードロを吹く娘は1955年に発行されました。切手趣味週間の第5回目のもので、喜多川歌麿が描いた浮世絵がデザインとして採用されています。

切手趣味週間は現在にも続くシリーズ物ですが、第3回目発行の月に雁から大きく価値が下がる傾向にあるのです。そのためビードロを吹く娘もそこまで高い価値はありません。

発行枚数も550万枚と比較的に多いため、現存する枚数も多いので希少価値も高くないのです。状態にもよるのですが、バラの場合は通常だと100円以上だと考えてください。

ビードロを吹く娘はバラよりシートの価値が高い

ビードロを吹く娘はプレミア切手の1つです。発行枚数が多い割には人気のある理由は、初めて多色刷りで印刷されたものだからでしょう。

初回に500万枚を発行したのですが、すぐに完売したことから追加で50万枚が発行された経緯があります。この経緯からもともとビードロを吹く娘には、プレミア価格がついていたのです。

特に1シートの値段が高騰していて、一時期は数万円に達するほどの人気がありました。この名残が今でもビードロを吹く娘の買取価格に、影響を与えているのでしょう。

ビードロを吹く娘を相場価格以上で高く売る3つの方法

チェック

では次にビードロを吹く娘切手を相場以上で高く売る3つの方法を考えます。

  • しっかりと保管する
  • シートは絶対に切り離さない
  • ほくろ付はさらにレア

この3つのポイントを1つずつ紹介していきましょう。

ビードロを吹く娘の保管状態に気をつける

ビードロを吹く娘切手を売るのなら、保管状態が気になるところです。買取価格のところでも分かるのですが、品質によって価格が大きく上下します。そのためできるだけ良い状態で保管しなくてはいけません。

  • 切手専用のストックブックを使う
  • プラスチックケースを使う

以上が代表的な方法です。保管をする前には乾いた布で軽く表面の汚れを取っておき、後はストックブックなどを使って保管しましょう。

湿度が高いところに保管していると、裏面の糊が落ちることがあります。この状態は糊落ちといって、買取価格が下がるので湿度には注意してください。

注意点

ちなみに売りに出す時は保管しているものを、そのまま鑑定してもらうとい良いでしょう。バラバラの状態で売りに出すと、仕分け手数料が取られることもあるからです。

10枚綴りシートは切り離さない

ストップするサラリーマン

ビードロを吹く娘は、先述した通りにシートの方が価値があります。ですのでシートのものは、絶対に切り離してはいけません。バラにして1枚1枚査定を受けても、損をするだけになります。

仮にシートのビードロを吹く娘が見つかったのなら、しっかりと保管しておくといいでしょう。保管状態さえ良ければ、バラよりも高く売ることができます。

ちなみに高く売るのなら、できるだけ専門店を利用するのをおすすめします。

定常変種は「ホクロ付き」は使用済みでも売れる

電卓とお金

ビードロを吹く娘は定常変種の価値が高くなります。定常変種というのは、印刷機についた汚れなどが、そのまま印刷されたものを指す言葉です。ビードロを吹く娘はデザインが、美人画となっています。

この汚れが美人画の顔部分につくと、ほくろが付いたように見えるのです。そのためホクロ付きとも呼ばれています。

通常の切手や原画には、当然そうしたホクロはありません。切手ならではのものだからこそ、高い価値があります。

  • 使用済みでもバラ1枚で1000円程度

と買取価格がかなり高くなっているのです。

【おすすめ】ビードロを吹く娘を買取相場より高く売るなら『バイセル』

浮世絵師喜多川歌麿『ビードロを吹く娘』とは~切手趣味週間で発行数は多い~

勉強

ビードロを吹く娘切手について簡単に解説しておきます。切手趣味週間の第5回で発行されました。デザインに採用されたのは、江戸時代の浮世絵師である喜多川歌麿が描いたビードロを吹く娘で、いわゆる美人画と呼ばれるジャンルです。

初回に500万枚の発行があったのですが、これは直ぐに完売しました。その理由としては初めて多色刷りが採用されたからです。

浮世絵のイメージをそのまま切手に再現したことで、コレクターから高い評価を受けています。初回発行分が短期間で完売したことから、追加で50万枚も発行されたので希少価値としてはさほど高くありません。

ですがコレクター間で人気が高く、時にシートは一時期数万円の価値がつくほどでもあったことから、現在でも切手趣味週間の中ではプレミア価格がついています。

ビードロを吹く娘は『ポッピンを吹く女』と呼ばれている

切手

ビードロを吹く娘は喜多川歌麿の浮世絵を元にしています。赤い市松模様の着物を着た若い女性が、ビードロを吹いているものです。喜多川歌麿と言えば女性を描いた江戸時代後期の絵師となります。

ビードロというのは、ポルトガルから輸入されたガラス製の玩具です。ストローのような管に口をつけて息を吹きこむと、気圧差から底の部分から音がなります。この音からぽっぴん、ぽっぺんとも呼ばれるのです。

そのためビードロを吹く娘ではなく、ポッピンを吹く女と呼ばれることもあります。切手コレクターの間では、ポッピンを吹く女切手という呼び方が主流です。ただビードロを吹く娘も有名ですので、どちらでも通じるでしょう。

喜多川歌麿の図案のビードロを吹く娘以外の切手

リスト

喜多川歌麿と言えば江戸時代後期を代表する絵師の一人です。女性をメインとした美人画として有名で、当時は江戸で大きなブームにもなったそうです。

この喜多川歌麿の浮世絵を原画とした切手は、ビードロを吹く娘が有名でしょう。ですがビードロを吹く娘以外にも、デザインに採用されたものがあります。

  • 1969年発行の文よむ女
  • 1983年の台所美人

文よむ女は第16回バンコク郵便大会議記念切手として発行されました。台所美人は切手趣味週間シリーズで発行されています。

意外と何度も図案として採用されているのが分かるでしょう。これは海外でも喜多川歌麿の絵は、高い人気を誇っているからです。

まとめ

切手

ビードロを吹く娘切手についてのまとめでした。ビードロを吹く娘切手は1955年に、切手趣味週間シリーズ第5回で発行されたものです。

喜多川歌麿の浮世絵を図案としていて、合計で550万枚の発行がありました。初の多色刷り切手となったことから人気が高く、希少価値はさほどありませんが買取価格は高めになっています。

特にバラよりもシートの方が高いので、もしシートを見つけたら絶対に切り離さないようにしてください。